見るのはやっとです

以前、姪に会いに姉の我が家へ行きました。
初歩、姪はあたしと会う時しょっちゅうポカンとしていらっしゃる(忘れている)のですが、少し一緒に遊ぶという思い出して笑って頂ける。
近頃姪はハイハイができるようになり、今はつかまり立ちの進歩をしています。
つかまり立ちに失敗して後頭部をぶつけることもしばしばです。
それで目が離せません。
ベイビーは何でも口に入れてしまう、は聞いたことがありましたが、正にそうでした。
何を与えても一旦口に入れます。これは大変危険なので、きちんと見張ってないといけないだ。
姉は家事もあるので、終始赤ん坊を見てあるわけにはいかないので、粗方当方が行くと好みされます。
私も姪といった遊ぶのは興味深いし、姉のムードも見られるので、積極的に行くようにしています。
姪はガンガン成長していくので、その流れを見極めるのも喜びの一つだ。
感嘆のは、カバンに入った金平糖を姪があたしに「うん」といった渡してくれたことです。
姉も「こんなことをするのを見るのはやっとです」と言っていて、あたしはまだまだ誇らしげでした。
いつか、姪は最初年齢の生年月日を迎えます。
サービスは家族で書いた寄せ書きと、ウエアをあげることになりました。
パパの方の父兄もサービスを用意してくれているようなので、姪は幸せヒトですなぁと思います。
また姪の進化を見に会いにいきたいだ。アプリは出会い系も多数あり!青森県弘前市のランキングはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です