わたしはこういう力作が

聊斎モチベーション異。中国の清代金の方、蒲松齢という方が書いた、狐やら妖怪が出てくる雑誌です。わたしはこういう力作が大好きです。読んでいるといった、古代中国にはほんとにそんな妖怪がたくさんいたのかもしれない、として仕舞う。自分もこの時代に行って、幽鬼や狐という出逢いたいものだ。
わたしが持ち合わせるものは変位巻で全92篇。その中で最も好きな言葉は「酒支援」です。酒好きの人材が、ある日酒好きの狐に出逢い、かなり仲良くなる。のち人材が死ぬまで交流する、というだけの言葉です。主人公のダディーが気質が好みです。酒飲み相棒なら特に狐も済む心の広さ。代金がなくても酒ばっかり飲み込むなんて概してアル中ですが、どうにも憎めない。代金のないダディーの為に酒を持ってきたり、ダディーの家事のライフを豊かにしてあげたり、狐もとってもきめ細かい。残酷デスクリプションゼロのいい話です。
但しうら淋しいのは、ダディーが死んで、フィニッシュ、狐も消えたことである。家事とも仲良くしていたのにどうして消えたのか。もっぱら気安くしていても良かったのではないかと見紛う。ダディーには息子がいた。大酒のみの息子なんだから、狐の初々しい酒支援になれたかもしれないのに。
わたしが仮にこういう息子で大酒のみだったら、消えた狐を探して旅に出かけるだろうな、などと、着想を巡らせてしまうほど、こういう内容が大好きです。アプリは出会い系も多数あり!佐賀市のランキングはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です