市民投票

前週の伝言で英国が市民投票でEUを離別することになったことを報じていた。そのために日本では円量株安になったし、株安は世界の世の中に起きたとのことを報じていました。前々から英国がEUから離別するとワールド景気に相当な影響が出て来ると言われていましたが、正にそのようなことが起きたようです。ただ依然としてそんなに期間が市民投票から経っていないので、その衝撃が後々どうなるかわわかりませんが、その衝撃を最小限にくいとめようとして国々政府が動いているとのことです。
こういう市民投票を通じて英国は2つに分かれてしまったようです。残留に投票した者はスコットランドやロンドンに多くいるとの事で、スコットランド開業やロンドンの開業ということが言われています。またこのことで市民投票があるのではとも言われています。ただ離別することによって、他のEU諸国も離別講じる世界中が続出してくるのではないかと言われています。
離別することでその国の主権は回復するのかもしれませんが、EUから離脱した結果経済的な損亡は多大なものがあるようです。景気のことを考えると残留していたのが良かったのではないかと思います。
英国以外のEUの世界中も離別したいと考えてある世界中がいくつかあるようですが、景気のことを考えるとEUから離別することが景気にとりまして相当な損亡になってくるようですので、できればEUに残ってくれものです。
宮城仙台で人妻との出会いはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です