「香り・悪賢い・強力」

ぼくが介護稼業に携わってから、8世代ほどになります。学生時代はナースになりたいと思っていましたが、独りでに介護の職種に興味を持つようになりました。その糸口はぼくがおばあちゃんっ子だった行い、父親が早くに病気で亡くなったことです。そこから最初は無権で介護の仕事を始めて権を取得して、分娩や養育で余分はありましたが、今も介護福祉士として働いています。こういう職種は「アンタッチャブル」ですとか「香り・悪賢い・強力」と言われていますが、ぼくにとっては遣り甲斐があって天職だ。がんらいおお爺さんが好きなのもあって、下の援助をするのも皆目異議がありませんでした。ただ人手不足で体力的に強力のはあるので、それに見合った所得になればいいなという夢はあります。介護福祉士として働いていてたくさんの鉢合わせや別れがありますが、人の温かさをすごい感じ取ることが出来ます。設備の入居者の方々は、私達の暮らしのプロフェショナルであり所帯同様の陣営だ。本当の家族にはなれませんが、傍らにおける後押しとして心的を許せる陣営でいたいとしている。これからもこういう職種を続けていきたいので、今は掲載症や音楽療法に興味があるので、なおさら勉強して入居者のヒトやご所帯、職員からも信頼される頑張れる介護福祉士になっていきたいと思います。
出会い系沖縄宮古島で人気のサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です