決勝は大層灼熱

1994クラスワールドカップ、アメリカ合衆国ビッグイベントはブラジル対イタリアという共に優勝3回を数える強豪同士の対戦となりました。
因みにこの大会、とも前書き込みはさほど高くはなく、ブラジルは南米予選でもたつき、ギリギリでワールドカップの出演を決め、関するイタリアといったバッジォの病状もあって優勝選択肢はどうしても呼べない組でした。
本ビッグイベントが始まるという、イタリアはやっぱ花形、バッジォの病状が響きようやくの予選克服、接するブラジルは花形、ロマーリオがMAX、予選は難なく突破しました。
決勝トーナメントではイタリアはそれまで病状だったバッジォが返り咲き、決勝トーナメントの初戦から準決勝までの3勝負で5得点を決め組を牽引、接するブラジルは決勝トーナメント最初回戦でレオナルドが敗走、却ってロマーリオが強いポイントに遭った事もあり、決勝までの方角はそんなに楽ではありませんでした。
そうして決勝は大層灼熱の熱戦となりました。イタリアは傷から返り咲きしたバレージが花形のロマーリオを完封、関するブラジルもバッジォに完全本職もさせず、また両者転機らしき転機を迎える軽々勝負、ワールドカップの決勝では史上初のPK戦へと委ねられます。
ブラジル、イタリア共にPKを楽に決めイタリア5周囲のキッカーは花形のバッジォ、組の相性を託された花形の蹴ったボールは目標の遥か柄を飛び越え、この時点でブラジル4度目のワールドカップ勝利を達成しました。
出会い系沖縄那覇で人気のサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です