小遣いを本当は

俺が社会人になって年間ほどたったときの話です。俺は女子の本職の間柄です保険に入ることになりました。女子が色んな書類を用意してくれ、要を記入していました。その文書の中に私の名義の積み重ね通帳がありました。俺には見覚えのない通帳でした。【これはビビッ!とことんドラマですヤツ!生活費にって月間、住まいにいれていた小遣いを本当は使わずに乳児が夫人に行くときのために通帳を内緒で作って小遣いを貯めてたって展開のヤツ!?】俺は低いながらも月間住まいに小遣いをいれていました。小遣いを女子に渡した後は「こういう洋服あんたの小遣いで買ってん。好ましいでしょ」っていったり、「助かった!これでパパのテンポ悪業の罰金使える!」といっていたのでちょっとそんなことをしてくれていたなんてといった女子に感動して俺は思わず、うるっとしてしまいました。そうしてじわじわ通帳を開くと…あれっ?1000の成果しか書かれていません。つまり、保険につきだけに通帳を作っただけだったのです。女子に書いた書類を俺ながら私のぬか喜びならぬ、ぬか驚愕を報じるといった「そういうもんいらっしゃるかいな!両親の小遣いはあてにしないでね。」という単一されてしまいました。私の驚愕を返せ!こういうことばっかりは自分の空論出力にガッカリさせられました。
出会い系山口で人気のサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です